交通事故での慰謝料の悩み相談

交通事故に詳しい弁護士があなたのサポートをしてくれます。慰謝料や示談金の交渉などについても相談してみましょう。

弁護士に相談したい交通事故の慰謝料の基準

交通事故は突然起こり、生活を圧迫するということも考えられます。
怪我をして入院することになったり、相手との慰謝料についてトラブルになってしまったり、交通事故における悩みや不安は一気に増えてしまいます。

あらかじめ、交通事故での示談や慰謝料問題について知っておくことで、慌てて対応して賠償金や後遺症の慰謝料請求などで損をしてしまわないようにしたいですね。

様々な交通事故のケースがあるので、気になる交通事故慰謝料の相場基準はいくらなのかわからないことが多いと思います。保険会社から提示された示談金・慰謝料金額が適正な金額なのか、安すぎるのか自分では判断できない場合もあります。そんな時には、弁護士に相談し基準となる費用を教えてもらいたいですね。

他にも示談交渉に自信がないという人や、自分の主張を聞き入れてほしいという場合などには、弁護士に相談してみましょう。

保険会社と交渉するには、法のプロフェッショナルである弁護士に交渉依頼をすることで、精神的な負担も少なく安心して話を進めていくことができそうですね。

交通事故弁護士は後遺障害等級認定もサポート

交通事故の怪我が元で日常生活に困難が生じる後遺症が残ってしまい障害と認定された場合には、入通院の慰謝料とは別に後遺障害の分の慰謝料も相手方に請求することができます。また障害が残ったことで将来の所得が受け取れなくなった分に対しての逸失利益も賠償請求できます。

後遺障害の慰謝料や逸失利益は、障害として認定された等級により大きく変わります。交通事故弁護士は、法律だけではなく医療や保険の知識も豊富に持ちは、法律だけではなく医療や保険の知識も豊富に持ち障害の認定等級についても被害者が損をしないように親身にサポートしてくれます。認定後の等級についても、不服申し立てや再申請で被害者が最大限に賠償金を受け取れるように尽力してくれます。

交通事故慰謝料の後遺障害分は障害の認定等級で決まる

交通事故慰謝料には、入院・通院分の傷害慰謝料と後遺障害が残ってしまった場合に請求できる障害慰謝料があります。後遺障害には等級という制度があって、障害の慰謝料はこの等級によって決定されます。よって、障害分の慰謝料を請求するにあたっては障害の等級認定申請が必要です。

障害の等級認定は自賠責の審査会に対して申請し、その方法は加害者の保険会社に全て任せる事前認定と被害者自身で手続きをする被害者請求とふた通りあります。 障害の等級は障害分交通事故慰謝料の金額を左右しますから、弁護士に相談の上で被害者請求で申請手続きをするのが内容もクリアとなり安心です。

交通事故は弁護士相談 ~一人で悩まず早期解決を目指そう

失敗しない交渉術。交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう

ページトップへ戻る